So-net無料ブログ作成
検索選択

なるべく多くの会社から見積りをとって比較

なるべく多くの会社から見積りをとって比較するのは、中古車屋に車を高く買い取ってもらうためのセオリーだといわれています。
とはいうものの、何社以上なら絶対に良いなどという基準はなく、一概には言えないところがあります。
多数の見積り額を集める意義は、売却の指針となる相場をつかむことであると同時に、競合を行わせ価格のつり上げを図ることです。
本人が納得できるようなら、少なかろうと多かろうと結果的には問題がないということです。
査定で業者に来てもらうなら夜間や雨天のほうが本来の額より高く見積もってもらえる可能性が高いという話をたまに聞きます。
ボディのキズやへこみが薄暗さに紛れてしまうため、マイナスポイントがつきにくいというのがその根拠だそうです。
しかし雨天で隠れる程度の小傷が査定に影響するでしょうか。
それより、いつ来ても構わないという気持ちで短期間に一社でも多く見積りに来てくれたほうが良いのです。
査定金額には有効期限がありますし、誰だって自分が契約を取りたいに決まっていますから、結果的に査定金額も高くつけざるを得ません。
所有者が自分名義でない車でも手間はかかりますが売れないことはありません。
売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、車を誰が誰に譲渡したのかという譲渡証明書が不可欠です。
しかし所有者が既に亡くなっている際は、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。
したがって、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。
その場合は書類も増えますし、時間も手間も余分にかかることは覚悟しなければなりません。

世界の「たま駅長」に 12カ国のgoogleロゴ採用 一昨年死亡の和歌山電鉄の三毛猫駅長

和歌山電鉄貴志川線の三毛猫駅長として親しまれた貴志駅(紀の川市)の名誉永久駅長「たま」=平成27年6月死亡=の誕生日にあたる29日、インターネット検索大手「google(グーグル)」のトップページが1日限定でたま生誕18周年特別記念ロゴとなり、駅構内で行われたたま (続きを読む)




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。